お子さまと「遊ぶためのお風呂時間」のつくりかた

子どもは、朝起きた瞬間から眠る瞬間まで、丸ごと遊びなので

からだをきれいにするためにお風呂にはいろう〜など・・・通用しません(苦笑)

「遊ぶためのお風呂」ならば、入ってくれます^ ^

なので、遊び要素も満載なバスボム。作るところから親子で楽しめます。

(うちは、いつも3つ(赤・緑・黄色)ずつ作り置きしています。これ以上は、作るときの

娘の集中力がもちません。)笑


バスボムとは?

主に重曹やクエン酸を材料とした、発泡性の入浴剤の一種。バスフィズ(bath fizzies)と呼ばれることもある。主に球形をしており、香りや色がつけられている場合が多い。水に浸すと、重曹とクエン酸が化学反応を起こし、気体の二酸化炭素が泡として生じる。




材料

・重曹 大さじ2

・クエン酸 大さじ1

・片栗粉 大さじ1

・色材(クレイなどもOK)小さじ6分の1

・はちみつ(なくてもOK)

・エッセンシャルオイル3〜5滴まで(子供に使えるを前提としています)


つくりかた

1 ラップをひいて、すべての材料をざざーっと入れる

2 霧吹きなどでほんのすこし水を加え(3プッシュほど)、湿らせたら

ぎゅーっとラップを閉じて、空気を抜いて圧縮(1日ほどで固まります。)


香りのこと

精油は、作用がからだにダイレクトに届くものもあります。

レモングラスやユーカリなど。

子供たちの皮膚は、薄くて、まだまだ敏感かつ未熟。

ですので、なんでも香りを入れればいいというものではありません。

MLならば、肌刺激の少ない(パイナップル・ラフランス)などおすすめです!


使いかた

お風呂に直接入れて、シュワシュワーを見守りながら

かき混ぜる^ ^

余談

残り湯も洗濯に使えます。(うちは、使っていません。なぜならば、重曹はそのまま

浴槽の掃除に使えるので、洗い流すついでにお風呂掃除も完了させています。)


子育てにささいなアロマ術!ですが、つかうものなどほんの少しでも意識していると

大人の手荒れ、肌荒れもおさまっていきます^ ^


↑ 2016年5月〜 『幸せを引き寄せる「香り」の習慣』成田麻衣子(幻冬舎)発売中!

「いい香り」は人を幸せにする!をモットーに毎日、「いいこと」を集めています。

MoonLeaf narita maiko

MoonLeafのオーナーをしています。 ダイアリーのように忘れたくないことを書き連ねています。 簡単につくれるハンドメイドコスメのレシピも更新します。 2016年5月「幸せを引き寄せる「香り」の習慣」(幻冬舎)より発売中!

0コメント

  • 1000 / 1000