時間の尺度に惑わされない

時間通りいけば、
上手くいったー!と思うかもしれない。

仕事なら time is money
時間は、効率だとも思う。

子育てを時間と捉えているならば、
長く預けていたら可哀想となる。

可哀想の使い方、なんか違う。

同じ勤労時間でも勤務地が遠ければ、
拘束時間は長くなる。
それで親と関わる時間が少ない→可哀想と
なるのは、違うと気付いて。

触れ合う時間の長さ、密度が大切なことはわかる。
でも時間軸に振り回されると
子育てはなかなかしんどい。

何時に夜ご飯、何時におふろ、何時に就寝。

ある雑誌で18時から21時の3時間の過ごし方が肝!みたいな記事があって、

ある一面では正しいな。と思いつつ、
「相手は人間」という目線で見れば、
18時から21時の3時間の流れを
ルーティンにしてしまう方が酷。

答えなんかない。時間軸もない。 
めいっぱいのめり込んで、
コテンと寝てしまう方がいいな。
1日、時間通りに動く時間も大切にしながら
自由にグデーんとなったり、
寄り道してもいい。と
暖かくなってきたから、思えたこと。

「ーーちゃん、可哀想。」
何気なく使ってるのたろうけど、
悪気なんてないのだろうけど、

わりと気になる言葉。

↑ 2016年5月〜 『幸せを引き寄せる「香り」の習慣』成田麻衣子(幻冬舎)発売中!

「いい香り」は人を幸せにする!をモットーに毎日、「いいこと」を集めています。

MoonLeaf narita maiko

MoonLeafのオーナーをしています。 ダイアリーのように忘れたくないことを書き連ねています。 簡単につくれるハンドメイドコスメのレシピも更新します。 2016年5月「幸せを引き寄せる「香り」の習慣」(幻冬舎)より発売中!

0コメント

  • 1000 / 1000