[Essay]「香り」でわかる柔軟さ


ひとつひとつの講座、個性溢れる方々が集まってくださるおかげで脱線しつつも、いつも前のめりでご質問くださったり、シェアする時間を頂いています。講師1年目には、1年目にしか出せない魅力があるし、年数を経ると経験値があがってきて、成熟という形の講座になっていく気がします。



とあるUさんのこと。

最初のブレンドデザイナークラスでは、レモングラスやジャスミンを中心に選んでいたのに

今年最後の調香講座では、ブッタウッド・ガルバナム・パルマローザ・フェンネル・ヒソップ・チュベローズ・イリス・コリアンダー・ベイローレル・カユプテを選ぶ変容ぶり。

「好き」とか「できる」がわかることも重要だけど、

自分の嗅覚と向き合う時間が増えると「選ばれなかった選択肢を自分の感性に取り入れてしまう変容さ」があるような気がしてならない。

もちろん、その扉を開こうとしたUさんの心の柔らかさが大きいと思うけれど。

私たちは、歳を重ねると、レールの上に乗っていないようにみえて、きちんとすぎるまでレールの上に乗ってます。以外と同じようなものを選び、同じようなものを食べ、同じような結論の出し方をしている・・・etc

作家の江國香織さんは、歳を重ねるほどに柔軟さは、パワーアップさせないと追いつかないと書かれていて、そうだなあと思う。


気持ちとつながっている香りは、自分自身の柔軟さを磨くためにつかう。と考えてもいいかなと思う。(もちろん、座学と実習も同じ重きでしています。)

2017年は、講座がますます面白くなりそうな・・・予感です。遠方からもどうぞ。

私たちはいつでも扉をあけてお待ちしています。




↑ 2016年5月〜 『幸せを引き寄せる「香り」の習慣』成田麻衣子(幻冬舎)発売中!

「いい香り」は人を幸せにする!をモットーに毎日、「いいこと」を集めています。

MoonLeaf narita maiko

MoonLeafのオーナーをしています。 ダイアリーのように忘れたくないことを書き連ねています。 簡単につくれるハンドメイドコスメのレシピも更新します。 2016年5月「幸せを引き寄せる「香り」の習慣」(幻冬舎)より発売中!

0コメント

  • 1000 / 1000