すぐそばにいるお手本

気がつけば、娘が2歳4ヶ月になっていました


絶好調にイヤイヤ期も突入しています。ただ、そこに存在している赤ちゃんから

感情が育ち始め、自我が芽生えるとき。

娘の場合、何事も「自分でやるわ〜」とまず言う。


親の目線で見れば、「彼女から見える世界はすべてが新鮮なんだから、そりゃ自分でやりたくなるし、やりたいことをやりたい順番でしたいよね。見守ろう」と思う。

けれど、私目線で見れば、「何事にも時間がかかって、かかってしゃーない。しかも目が離せないからとにかく私の時間がないm(_ _)m」となる。


進んでいるようで進んでいないもどかしさを感じている中で何から見直していけばいい?と思ったら「料理」かもしれないと思った。だけど子育て中の料理は「死闘」だと言われているように工夫しながらやっていかないといけないらしい(笑)→おはよう朝日でしてましたよねー!


ということで日常のありふれた行動を足元から整えていこうとあれこれ、しています。


何がともあれ、人間の感情はこうやって育っていくのかーという心の豊かさを娘が教えてくれている。


なんでも一生懸命している彼女をみているともどかしくても応援したくなる。

きっと、娘は私に取っても「鏡」なのだな。



↑ 2016年5月〜 『幸せを引き寄せる「香り」の習慣』成田麻衣子(幻冬舎)発売中!

「いい香り」は人を幸せにする!をモットーに毎日、「いいこと」を集めています。

MoonLeaf narita maiko

MoonLeafのオーナーをしています。 ダイアリーのように忘れたくないことを書き連ねています。 簡単につくれるハンドメイドコスメのレシピも更新します。 2016年5月「幸せを引き寄せる「香り」の習慣」(幻冬舎)より発売中!

0コメント

  • 1000 / 1000